2006年11月05日

将棋プルーフゲーム

Ma vie quotidienne: 高坂さんの将棋プルーフゲーム
で紹介されている、将棋のパズルが解けません。
あじゃ盤の画像作成機能を使って、引用させてもらいます。
(詰将棋パラダイス1998年4月号に掲載されたものなのだそうです。)

061105.gif
将棋で指し始めから18手(すなわち先手後手9手ずつ)指して図の局面に到達した。初手からの棋譜を求めよ。もちろん手順はただ一通りしかない。


だめなんです。
これが全然解けないんです。
昨日もこのページの盤を使って、3時間ぐらい考えたんですが、少しも答えに近づいた気がしません。
「▲7六歩 △4二玉 ▲2六歩」という出だしをずっと考えた後に、「▲2六歩 △4二玉 ▲7六歩」と同じだからありえないことに、気がついたり…。
最終手を、△2三玉と仮定して、一手戻そうと思っても、3三に戻すべきか3二に戻すべきか、悩んでしまったり…。
そして昨晩ついに、夢に出てきてしまいました。

ただですね、あじゃ盤の「セーブ」と「ロード」を使うと、考えやすいことは分かりました。
「この局面あってるんじゃないかなかな」というところで「セーブ」をしておくと、その後に駒を色々動かしても、元の局面に戻ってこれるわけです。
今日も少しだけ考えてみます。
posted by かずひで at 12:57| Comment(1) | TrackBack(0) | 将棋プルーフゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やっと解けました。
まず、19手かかりそうなところを1手省略してしまう、アイデアがすごいです。
さらに、それが実現する手順が1通りしかないというのが、これまた奇跡的です。
ちょっと感動しました。
Posted by かずひで at 2006年11月06日 18:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。