2008年02月29日

将棋本オールタイムベストテン@あじゃ盤

1.大山康晴の晩節(河口俊彦:飛鳥新社)
2.王様殺人事件(伊藤果 吉村達也:毎日コミュニケーションズ)
3.名人、羽生善治。(将棋世界臨時増刊:日本将棋連盟)
4.一葉の写真(先崎学:講談社)
5.小池重明実戦集(宮崎国夫 団鬼六:木本書店)
6.ロジカルな将棋入門(野崎昭弘:筑摩書房)
7.運を育てる―肝心なのは負けたあと(米長邦雄:クレスト社)
8.勝つための本筋(芹沢博文:鶴書房)
9.島ノート(島朗:講談社)
10.80年代ショート詰将棋ベスト200(詰将棋作家集団ACT編:将棋天国社)

将棋本オールタイムベストテンという企画に参加してみました。
締め切り寸前なので、コメントはいずれということで。
posted by かずひで at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | おしらせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/87741278
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。